矢切の物件はお任せ下さい!

任意売却のご相談

  • HOME »
  • HOME »
  • 任意売却のご相談

住宅ローンが返済できなくなってしまった方。ご相談ください。あなたのお力になります。

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの返済が出来なくなってしまった場合にただ競売になるのを待つのではなく、債権者の同意を得て所有者自らの意思で売りに出す方法の事をいいます。

住宅ローン等でお金を借りて購入した不動産には抵当権が設定されており、全額返済するまで抵当権は原則解除してもらえません。つまり自宅を売却しても残債が残ってしまう場合は、一括で残りの残債を支払わなければならないのが原則となります。

しかし住宅ローンが出来ない状態にもかかわらず、一括返済というのは難しい話です。そこで、住宅ローンの残債について債権者と協議をし、同意を得たうえで売却を進めるのが任意売却です。

任意売却の流れをフローチャートに表すとこのようになります

このように競売とは違い、緑色の矢印を見ていただくと一般的な不動産取引と同じような流れで不動産売却が進められるため、市場価格に近い価格での売却が見込めます。

競売のように知識のない方が参加しずらい状況下にて不動産の処分が行われてしまうと、市場価格の7割程度で売却されてしまうことが多いです。

所有者、銀行の両社にとっても借金が多く残る結果となってしまい、得をするのは競売で安く落札した不動産業者などです。

そこで、売却代金から諸経費(※)を差し引いても競売より高く回収できる可能性がある事、残った残債が毎月いくら位なら無理なく返済できるかなどの話し合いをおこないます。

※抵当権抹消費用、後順位抹消費用、不動産仲介料、引っ越し費用、滞納管理費・修繕積立金など

ここで一番重要なのは銀行にとってメリットがあるかです。当然競売と比べて債権者にメリットが無いと判断されてしまえば承諾は得られませんので、当社にて的確な価格調査、諸経費の説明を行ったうえで債権者と交渉いたします。

競売と違い、市場価格での売却が見込める、周囲に競売になったことが知られない、市場価格での売却が見込める、必要に応じ引っ越し費用(20~30万円程)等所有者様にとってメリットもございます。

残債が多額に残り返済の目途もたたない場合は自己破産するケースも多いです。必要に応じて弁護士、司法書士、税理士等と連携を図りながらお客様の再出発のお手伝いが出来ればと思っております。

住宅ローン返済にお困りの方、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社ヤギノ不動産 All Rights Reserved.