矢切の物件はお任せ下さい!

自宅を貸したい場合に注意するべき点は?

ご自宅を貸す場合の注意点について


どれぐらいの期間貸せるか決めましょう
通常のアパートと違い、自宅を貸し出す場合は『転勤の間だけ』、『子供が独立して住む間だけ』など期間が決まっているケースが多いかと思います。
『新たに自宅を購入したから使用しなくなった』など、期限無く貸せる場合は通常のアパートと同じ普通賃貸借契約で募集を行いますが、期間がある場合は更新を行わない定期建物賃貸借契約にする必要があります。
後で『こんなはずじゃなかった』とならないよう、しっかりと計画を立てることが重要です。

借主に求める条件は柔軟にするのが早期契約の決め手です
アパートの大家さんなどと違い、ご自宅を貸す場合は『初めて人に家を貸す』という方がほとんどかと思います。
しかし大切なご自宅を貸す際に慎重になりすぎて入居者に求めるハードルを上げてしまうと、長期間借手が見つからないということになってしまいます。
現在は保証会社などを利用することで滞納家賃の保証をしてもらえるため、入居のハードルを低くすることができますが、もし入居者に求める条件などがある場合は事前にご相談ください。
PAGETOP
Copyright © 株式会社ヤギノ不動産 All Rights Reserved.