矢切の物件はお任せ下さい!

購入の流れ

お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームまたは電話にてご連絡ください。
ヒアリング
担当者よりご連絡させていただき、現状の確認やお客様の要望などをお伺いいたします。不動産の購入は大きな買い物ですので、10年後や20年後を見据えて、お客さまの家族構成やライフスタイルの変化、収支バランス等も踏まえつつ、お客さまの将来設計をお手伝いいたします。
物件の検索・ご案内
当社掲載物件以外でも業者間流通の豊富なデータベースを基にお客様の条件に合う物件をご紹介いたします。気に入った物件がありましたら、その旨をお伝えください。見学へご案内いたします。
お申込み
購入したい物件が決まりましたら売主様に対し、「購入したい」という意思表示を書面(不動産購入申込書)で行います。これを受けて、具体的な価格やご条件の交渉に入りますので、物件価格や引渡しの時期など、希望や条件をお伺いいたします。
住宅ローン事前審査
住宅ローンご利用のお客さまはこの時点で、金融機関に融資の事前審査を申込みいたします。住宅ローンのお申込みは、不動産売買契約成立後となりますので、後から「不動産購入契約はしたがローンを断られた」という事態にならないよう、事前に確認いたします。
物件の調査
売主様、買主様の間で不動産のご購入価格及び諸条件が合意に達しましたら、取引の安全を期すための物件調査をいたします。
重要事項説明書の確認
重要事項説明書とは、物件概要や契約内容、解約時における原状回復義務等の説明を詳しく記載した書類のことです。丁寧にご説明いたしますので、疑問点がございましたらその場でご質問ください。
売買契約の締結・手付金の支払
「不動産売買契約書」を用いて契約を締結します。「不動産売買契約書」には条件交渉で合意に達した事項が記載されており、売主様・買主様ともに交付いたします。
契約内容を確認後、双方ご署名ご捺印をいただき、買主様が売主様に手付金をお支払いいただきましたら、無事契約成立となります。
不動産売買契約の締結後は、契約書の記載内容に基づいて、双方の権利や義務を履行することになります。義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もありますので、ご不明な点は必ず担当者にご確認ください。
住宅ローンの契約・申込み
住宅ローンを利用される方は、売買契約後に金融機関に借り入れの申込みを行います。ローンには様々な商品がありますので、金融機関がお決まりでない方は担当者にご相談ください。
融資承認
住宅ローンの申し込みから1~3週間程度で、金融機関より融資の審査結果の連絡があります。融資承認が得られましたら、金融機関との間で金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約(住宅ローンお借り入れのご契約)を結び、詳細な借り入れ条件を決定いたします。
登記に必要な書類の確認
所有権移転登記の申請に必要な書類が揃っているか、買主様への不動産物件の所有権の移転に際し障害となるような権利設定等がなされていないか、司法書士が確認いたします。
残代金・諸費用のお支払い
買主様から売主様に残代金を支払いいただきます。また諸費用(仲介手数料、登記費用、火災保険料、固定資産税・都市計画税の買主負担分、マンションの場合は管理費・修繕積立金の負担分など)も併せて精算いただきます。
物件のお引き渡し
売主様から買主様に物件の鍵を受け取ります。入居手続きはすべて完了となります。ご入居後も何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。担当者が丁寧に対応いたします。
PAGETOP
Copyright © 株式会社ヤギノ不動産 All Rights Reserved.